2011年12月12日

龍神村の案内人登美屋さんと、朝の龍神散歩

今年一番の冷え込みとなった12月10日、朝の龍神散歩に出かけました。
吐く息も白く、うっすら霜の降りた午前7時50分。頬に感じる冷気が心地よい。前日は龍神温泉泊りで極楽気分の私の目を完全に目覚めさせてくれます目
朝から太陽光を浴びているだけで、始まったばかりの今日1日をエネルギッシュに過ごせそう晴れ
この時点で良い効果を実感。
山の案内人登美屋こと、松場さんと季楽里龍神で待ち合わせ。松場さんは、龍神のくらしや自然の案内人。山の植生、動物の生態などをご案内さくださるインタープリターです。
常に、私達が退屈していないか、寒さに対応できているか気遣い、丁寧にお話してくださいました。

P1010304.jpg

印象にあるのは、あの動物(秘)がこの山にいること!私は一度も見たことがありません。
以前から一度見てみたいと思っているんですが、見たいと思って見られるものではないのが、自然界の節理。
あの動物(秘)?ネタばらしはできませんが、あの動物(秘)
自生する動物の生態については特に、山と人との関わりや、その山に棲む鹿、猿、猪、りす、あの動物(秘)などがどのように共存しているのか、松場さんの語りを聞いていると、私の目の前に動物達が駆け回る風景が浮かんできました。

P1010313.jpg


案内中に松場さんが、何度もおっしゃったことば。「どんな小さなことでも発見して。」発見に感動し続けることが、大事。そう思いました。
約50分の散策を終えてからの、龍神の温泉いい気分(温泉)は最高に極楽でした。温泉女子、唸るかわいいかわいい
こうして始まった休日は良い一日にとなりました。
ありがとうございました。

龍神温泉に泊まるなら登美屋をチェック。
龍神温泉の宿泊はこちら。
登美屋公式サイトはこちら。

■熊野トラベルトップページ

つぶこ

2011年06月26日

蛍鑑賞&撮影会

田辺市龍神村の玉谷地区へ、蛍鑑賞に行ってきましたぴかぴか(新しい)

6月上旬〜中旬にかけて、田辺市の長野地区や大塔などで群舞する姿が見られた蛍。
見に行けず残念!と思っていたら、龍神では6月下旬でも見られるところがあり、
龍神観光協会の事務局や紀伊民報の有志の方々が蛍撮影会を実施すると聞いて、
急遽お邪魔させていただいたのです。

清流沿いの現地に着くと、生憎の雨模様・・・
そのせいか蛍の数は少なめで、乱舞とまではいかなかったのですが、
時折雨が止む度に、暗闇に蛍が美しく浮かび上がります夜
光を点滅させながら、戯れるように飛び交う蛍たち・・・
本当に幻想的で、息を呑んで見つめるうちに時間が経っていきました。

1.jpg


強い輝きを放ち、点滅させながら飛びまわっているのが雄の蛍で、これは求愛行動黒ハート
一方の雌は、草や木の葉の上にじっと止まって弱く光り、雄の求愛を待つそうです。
成虫になってから1週間ほど、という短い命を全うするために光り輝き、
次の代に命を繋げようとする蛍たち・・・
なんとも儚い運命ですが、哀れむよりも、反対に励まされました。
蛍に比べれば長い命。けれど、やり直しのきかない、たった一度きりの人生。
私はあんな風に、一生懸命光り輝こうと努力しているだろうか?
そんな風に考えさせられた、蛍の光でしたひらめき

もうひとつの大発見exclamation
タバコを吸っていると、その光につられて蛍が寄ってきてくれたのですグッド(上向き矢印)
まぁ私も蛍族なので、いってみればお仲間みたいなものでしょうかわーい(嬉しい顔)

残念ながらカメラは持ち合わせていませんでしたが、それでも大満足の蛍鑑賞会でした夜
写真は、龍神観光協会事務局の方が撮ったコンポジ写真です。雰囲気出てますね!
来年は私も、カメラを持って出かけたいものです。


(しゃぶ)


posted by TKTBスタッフ at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月31日

白銀の扇ヶ浜ビーチ!

朝、目が覚めると・・・辺り一面、銀世界が広がっていましたぴかぴか(新しい)

今年は、温暖な田辺市の沿海部にも比較的雪が多かったのですが、
市街地にこれだけ雪が積もったのは初めてで、10cmほどの積雪が観測されました。
車両のスリップ事故や徐行運転による渋滞が各地で発生し、このような事態は
何十年ぶりだったそうダッシュ(走り出すさま)
高速道路の阪和道みなべー南紀田辺間も一時通行止めになり、
こちら方面へお越しになる予定だったお客様にもご迷惑をおかけしたのでは
ないでしょうかあせあせ(飛び散る汗)

さて。ビューローの事務所は、扇ヶ浜ビーチのすぐ近くにありまして。
仕事中、あっひらめきと思い付いたことが。
これだけ雪が降ったということは・・・ビーチも、真っ白になっているのではないかとグッド(上向き矢印)
いてもたってもいられず、雪道に足を取られつつ、ドキドキしながらビーチへ赴くと・・・やはりわーい(嬉しい顔)
こんなになってましたバッド(下向き矢印)

s-DSCN2117.jpg

青い海と、白銀のビーチのコントラストが美しい・・・黒ハート
夢中で、シャッターを切りました。

ビーチでは、小さな男の子が雪だるまを作っていました雪上手!
ついでにパチリカメラ

s-DSCN2122.jpg

慣れない積雪で、事故や渋滞などが起こって大変でしたが、
個人的には、こんなに美しい扇ヶ浜ビーチを見ることができて、
自然から思いがけぬプレゼントをいただいた気分ですわーい(嬉しい顔)


(しゃぶ)


posted by TKTBスタッフ at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

雪の高雄山・御来光登山

2011年が明けましたひらめき皆さまは、どのようなお正月をお過ごしでしょうか。

全国的に寒波に見舞われた大晦日。
紀南地方の沿海部にも珍しく雪が降り、まだ雪が散らつく元旦の早朝、
田辺市街地の北西に位置する高雄山の御来光登山へ行ってきましたぴかぴか(新しい)
山頂に近づくにつれどんどん雪が深くなり、辺りはまるで雪国のよう雪
そっと触れてみると、さらさらのパウダースノー・・・普段は温暖な田辺とは全く違う表情を
見せていました。

s-DSCN1649.jpg

日の出の時間には厚い雪雲がかかっていましたが、寒い中を我慢強く待っていると、
午前7時半過ぎ、山頂の裏手にあるビュースポットにて、
雪雲の間から少しだけ顔を出して燦々と光り輝く、2011年最初の朝日を拝むことが
できました。感動exclamation×2

s-DSCN1623.jpg

山を下りる頃にはもう日が昇ってきて、木々に積もった雪が融け始め、
風に舞う粉雪が、朝日を受けてきらきらと輝いて、それはそれは美しい光景でしたぴかぴか(新しい)
山里に下りてくると、みかん畑にたわわに実ったみかんにも雪が積もって、帽子をかぶったように
なっていましたよわーい(嬉しい顔)
一年の計は元旦にありひらめき
厳しい寒さと一面の雪景色の中で、2011年も頑張らねば手(グー)と気持ちが引き締まったお正月
でした。

s-DSCN1660.jpg

昨年は、着地型旅行業という新規事業の立ち上げや、南紀・熊野のインターネット予約サイトの
開設・公開など、当ビューローのあり方が大きく転換した一年でしたが、
今年は、新規事業を軌道に乗せ、インターネット予約サイトや旅行業務を充実させるべく
より一層奮起しなければならない大切な一年と考えています。
開設して一年を過ぎたこのスタッフブログも、たくさんの方に遊びにきていただけるようになり、
今後はより多岐に亘る話題をお届けできればと思います。

皆さまのご多幸、ご健勝をお祈りしつつ・・・本年も、何卒よろしくお願い申し上げますわーい(嬉しい顔)


(しゃぶ)

posted by TKTBスタッフ at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

夏真っ盛り!

毎日本当に暑いですが、夏らしい良いお天気が続いていますねぴかぴか(新しい)
7月1日に海開きが行われた田辺市の扇ヶ浜ビーチは、連日海水浴客で賑わっています。
イルカのビートアースに会えるビーチサイド・ドルフィンも実施中ですひらめき


s-DSCN0136x.jpg

最近、仕事が早く終わると、扇ヶ浜ビーチに夕陽を見に行くのが日課になりました。
海水浴帰りでしょうか?親子連れが、波打ち際で戯れていました。
海と空を、親子を、そしてそれを見つめている私までも、すべてを朱く染めて包み込んでゆく夕陽。
明日もガンバろう!と、元気をもらえるひと時です。
海水浴を楽しんだ後は、浜辺でゆっくり、暮れなずむ太平洋を眺めるのもお薦めですよ晴れ

そして、今週末の7月24・25日は、闘鶏神社で田辺祭
7月25日は、中辺路町で、熊野古道清姫まつりと、
週末の田辺・熊野はイベントが目白押しです。
海だexclamation祭りだexclamation×2夏真っ盛りの田辺・熊野に、ぜひお越しくださいひらめき


(しゃぶ)



posted by TKTBスタッフ at 00:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 季節・自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする